jMedisync

精神・神経疾患の診断とケアにおけるパラダイムシフト、それを実現する新商品

jMediSync(ジェイメディシン) は、AI ベースのデジタル メンタルヘルスケア プラットフォーム企業であるiMediSync社(アイメディシン社) と共に、脳疾患に対する『簡易かつ高品質な脳波計測技術』と『脳波・心拍変動データの統合自動解析バイオマーカー』の開発により、予防モニタリングと科学的根拠に基づいた『メンタルヘルスケアのプラットフォームサービス』を提供します。家庭、学校、職場、病院、遠隔医療、医薬品の臨床試験など、さまざまな環境で実施できます。
私たちはデジタル メンタルヘルスの世界標準に向けて力強い一歩を踏み出しています。

製品紹介

フォトバイオモジュレーション
脳波スキャン&
強化型 AIシステムを備えた
柔らかく頭にフィットする拡張可能な

ワイヤレスのドライ EEG デバイス

『iSyncWave(アイシンクウェーブ)』 は、史上初の『統合型 EEG および脳波LEDケア ウェアラブル』デバイスです。脳内のミトコンドリアとミクログリアの活動を活性化するために、AI を採用した脳のヘルスケアプラットフォームを通じて、『遠隔ケアが可能なPBMケア機能』が含まれています。

※米国FDA 510Kクリア(K220056)

フォトバイオモジュレーション
脳波スキャン&
強化型 AIシステムを備えた
軽量化され、柔らかく頭にフィットする拡張可能な

ワイヤレスのドライ EEG デバイス

『iSyncWave(アイシンクウェーブ)』の後継機として、新たにリリースされた『iSyncMe(アイシンクミー)』は、『iSyncWave(アイシンクウェーブ)』のコア技術である『世界初の脳波測定とメンタルヘルスケアの融合ソリューション』をさらにアップグレードした『遠隔ケアが可能なメンタルヘルスケアプラットフォーム』デバイスです。
軽量化とフォトバイオモジュレーション(PBM)の高機能化により、信号品質の精度が向上した新製品です。

ビッグデータ主導の
AI テクノロジーを使用したクラウドベースの脳波分析

『iSyncBrain(アイシンクブレイン)』は、EEG/HRV 生体信号用のクラウド型AIを使ったガイド分析システムです。『iMediSync(アイメディシン)』 は、史上初の年齢性別分類型の『ヘルスケア EEG ノームDB』を開発し、現在は特許取得済みの『自動 EEG ノイズ除去、amICA、クラウド型プラットフォーム上のディープラーニングシステム』を活用したEEGベースの『 脳のヘルスケア 』を構築しています。『iMediSync(アイメディシン)』のクラウドサービスでは、脳のヘルスケア分析レポートと、健忘型‐軽度認知症(MCI)の 早期スクリーニングのバイオマーカー 分析レポート(リスク予測スコア)を出すことが可能です。

サービスイメージ

『iSyncWave(アイシンクウェーブ)』、『iSyncMe(アイシンクミー)』は従来型のデバイスとは異なり、頭部にジェルを塗らずに装着し、測定が可能です。
また、脳波や心拍変動データは、デバイスからBluetooth接続されたタブレット端末で操作できます。タブレット端末に操作アプリである『iSyncBrain(アイシンクブレイン)アプリ』をインストールすることで、インターネットを介して『クラウド上のAI脳波解析の専用サーバー』に送信でされ定量化された脳波データは10分程で解析され、タブレット端末上で分析レポートとして確認できます。
分析レポートはダッシュボード上に可視化され、分かりやすく表示されます。

会社概要

会社名株式会社ジェイメディシン(英語表記 jMediSync)
設立2023年10月
所在地東京都港区西新橋1-6-12 aios 虎ノ門ビル602
代表者代表取締役(共同代表) 伊藤隆博、カン・スンウォン
事業内容・韓国iMediSync社の脳波測定製品の輸入販売、及びAIを使った分析ソフトウェアサービス提供の日本総代理店
・脳波測定のqEEG測定のコーチング、普及プログラムの提供等
・上記附帯する一切の業務
主な取引先日本における脳波のデジタルデータを要する大学研究機関、民間研究機関(ロボット操作等)、及びメンタルヘルスを中心とした病院、クリニック、地方自治体、行政(その他、早期認知症、うつ病・ストレス、発達障害などの脳波研究など)
取引銀行あおぞら銀行
会社沿革2023年10月3日 会社設立
2023年11月30日 伊藤隆博氏 COOに就任